骨盤矯正 猫背矯正

  • 体の歪みをチェックしてほしい
  • 骨盤矯正はどこで受けられるか知りたい
  • 長年の猫背を解消したい
  • 筋肉が硬いせいか骨盤周りに痛みがある
  • 骨盤矯正クッションを使っても違和感がある

上記のように骨盤に歪みや痛みがあると、なぜ健康に影響するのでしょうか?
骨盤は体の中心、上半身と下半身をつなげている重要な部分です。
さまざな役割があるため、一度、歪みが起こると体のあちこちに支障が出てきます。

骨盤矯正で解消されるお悩みとメリット

骨盤の歪みが引き起こす体のお悩み

骨盤矯正 産後骨盤矯正1.骨盤の歪みで腰痛や肩こりがひどくなる
骨盤が歪んでいると歩行の時の体が傾き、姿勢が悪くなり猫背になります。
骨盤の歪みはすぐには分からず、長い間そのままでいると偏った筋肉の負担が、腰や肩に痛みとなって現れます。
また重心に偏りがあるので左右のバランスが崩れ、全身の不調も起こりやすくなります。

2.骨盤の歪みとスタイルへの影響
骨盤の周辺にある筋肉は股関節の動きをサポートしながら、骨盤の中にある神経、内臓も守っています。
ふだんから筋肉をあまり動かさず同じ姿勢でいることが多い人は、この骨盤の筋肉が硬くなり、股関節の動きが悪く、血流が悪くなるので神経活動が阻害されます。内臓も正しい位置からずれるので十分な働きができません。
そのため基礎代謝が落ち、老廃物がたまり太りやすくなり、冷えやむくみ、下半身太りといった見た目にも現れます。

3.骨盤の歪みと歩行
骨盤は下半身の動きも調整しています。骨盤には大腿骨という大きな骨がはまり込んでいます。
この骨が筋肉と協調することで歩行が安定し、しっかり歩く、走ることができます。
骨盤が歪むと骨盤の向きと足の骨の向きがずれ、まっすぐ歩いているつもりが斜めに歩いていたり、つまづきやすくなるといった状態になります。

骨盤矯正のメリット

• 新陳代謝が上がり痩せやすい体質に!
• 骨盤を締めるのでヒップアップ効果
• 内臓が元の位置になるので代謝アップ
• 生理による痛み、生理不順の解消
• 基礎代謝が上がり冷え、むくみが解消
• 内臓環境が整い肌が以前よりも良くなる
• 腰、肩の痛みの軽減

このように骨盤矯正には見た目にもすごい威力を発揮しますが、それだけでなく女性に嬉しい肌や、生理痛による痛みなどのメリットがたくさんあります。
※骨盤の矯正だけでは解消されないものもございます。個人差がございます。

骨盤が歪む理由は?

簡単な方法で骨盤の歪みをチェックすることができます。
骨盤の歪みはほとんどの方が無自覚です。
この機会にチェックしてみましょう!

・左右の肩の位置
鏡で自分の姿を映すと肩の位置が左右で違っている。

・足の開きをチェック
仰向けになり体の力を抜いた状態で足の開きをみます。
足と足の間が「V」字になっておらず、片方が開きすぎ、または閉じすぎになっている。

・片足立ち
片足立ちで15秒ほど静止します。その時に静止できない、どちらかの足が上げにくい等の違和感がある。

当整骨院の骨盤矯正は痛みの少ない施術です

小倉南区 整骨院なごみ では、痛みの少ないソフトな骨盤矯正を行います。
手技で行うため、どなたにも合わせられる施術で細かな微調整が可能です。
女性の施術スタッフも在籍しておりますので、女性同士でしか分かりにくいお悩みにもお応えします。

骨盤矯正におすすめの症状
  • ぎっくり腰
  • ヘルニア
  • 背中の痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 坐骨神経痛
  • 膝の痛み
猫背矯正におすすめの症状
  • ひどい肩こり
  • 頭痛
  • 背中の痛み
  • 腰の痛み
  • 手のシビレ
  • 首の痛み
  • 胃もたれ

「矯正」ときくとボキボキした強い痛みが伴うイメージがあるかもしれませんが整骨院なごみの矯正はソフトで優しい施術なので緊張せずに受けて頂けます。
手技で行う矯正は機械ではできない微調整ができるので、体力が無いご高齢の方や女性の方にも問題なく受けて頂けます。
肩こりや姿勢改善には、猫背矯正施術をする前に、全身のチェックも行います。最近ではデスクワークや長時間のパソコン作業、スマホ操作でほとんどの方が猫背になり背中が丸まっています。
猫背矯正も組み合わせて行うことで、全身のゆがみを整えていきます。

ぎっくり腰予防にも骨盤矯正

骨盤矯正は症状が出る前の予防にも効果を発揮します。
大きな痛みは無いけれど、歩くと股関節に違和感が出てきた、腰が重く感じるようになってきた方は、痛みの予兆かもしれません。
全身を検査すると肩の左右や足の長さが違っていたり、自分では気づきにくい体の歪みが見えてくることがあります。
そのような歪みを放っておくと、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアといった症状を引き起こす要因になるので早めの予防をおすすめします。



ページの一番上に戻る