交通事故・むち打ち

  • 交通事故後から、頭痛がひどくなった
  • むち打ちがひどく、集中できない
  • 交通事故後、めまいがする
  • 事故に遭い、腰痛がひどくなった
  • 保険会社とのやり取りで疲れている

このような交通事故後の体の不調やトラブルは一つでも減らしたいものですね。
専門の医療機関へ行って「レントゲンは異常なし」と言われ、湿布と痛み止めだけを渡されて不安を感じる人は多いのではないでしょうか?
交通事故の怪我に多い「むち打ち」はなぜ回復に時間がかかるのでしょうか?

 

交通事故の怪我の特徴

交通事故・むち打ち写真交通事故に多い追突事故では、突然、体に強い衝撃が加わり体のあちこちが損傷します。
体が衝撃に対して身構えるような準備がでてきていないので、大きく体が揺れます。
シートベルトをしていると、ある程度抑えられますが、何も保護していない首や頭は大きく振られます。
鞭のように首がしなると、通常の曲がる角度よりグっと曲がってしまうので首の周辺の筋肉が損傷します。

 

交通事故直後の痛み

交通事故に遭った直後は体が興奮状態で痛みを感じることが少なく、そのまま何もせずに放置されていることがあります。
翌日、数日たって落ち着いてくると痛みが出てきたり、気づいていなかった部分も痛みが出てきます。

交通事故に遭ってしまったら

• 加害者(相手)の身元を確認
• 警察への連絡 ※事故証明が必要になります
• 保険会社へ連絡
• 専門の医療機関で大きな怪我がないか確認します

痛みが解消されない、ひどくなってきたという場合は交通事故施術に特化している整骨院がおすすめです。
事故に遭ってからすぐに通われると後遺症になりにくく、辛い状態から早く解放されます。

小倉南区曽根 整骨院なごみ では、医療機関との併院も可能です。

交通事故の詳しい施術方法



ページの一番上に戻る