関節の痛み

  • 膝に熱がこもって痛みがある
  • スポーツをする時に肘に違和感がある
  • 立ち上がる時に膝が痛む
  • PCやスマホを使っていると手首がだるくなる
  • 膝の痛みで階段が辛い

上記のような関節の痛みは、すぐに痛みがでるのではなく長年の体の使い方や負担が積み重なって、ある日痛みとなって現れます。

関節の痛みの原因は?

関節の痛み写真膝関節の痛みの原因

膝関節の痛みでは関節の内側なのか外側なのかで原因が分けられます。
外側は筋肉系の不調による痛みであることが多く、内側は軟骨、靭帯から生じる痛みが多いです。
膝関節の痛みで来られる方は外側の筋肉の不調であることが多くいらっしゃいます。
筋肉をつけようと間違ったウオーキングでさらに痛めてしまうことがあります。

肘の痛みの原因

スポーツのし過ぎや、体の使い方が誤っていることで起きる肘の痛みですが、スポーツ以外でも家事、育児、仕事で、重い荷物を持つ、お子様の抱っこ等で肘を酷使した結果、肘に痛みが出ている場合があります。

手首の痛み

以前は職業病のイメージがありましたが、今はスマホの使いすぎで痛めてしまうことがあります。
特にデスクワークをされている方は、家に帰ってからもPC、スマホを操作していると、睡眠以外の時間は手首が常に酷使されている状態なので休まる時間がありません。

関節の痛みの予防方法

関節の痛みは毎日の生活の中で予防することができます。
特に大切なことは・・・

・関節に余計な負荷をかけない生活をする
・関節周辺の筋肉を強化する

●関節に負担をかけない
日頃から太り気味の方や、急に体重が増えた方は膝に大きな負担がかかっています。
特に膝は歩いた時に足底からの衝撃と上半身の体重を支えているので体重を減らすようにします。

●関節を冷やさない
血行が悪くなると老廃物がたまり、周辺の筋肉が硬くなり関節への負担が増えるため、関節は冷やさないように温かい衣類を身につける、温かい食事を摂る、筋肉をつけることが大切です。

●正しい歩き方を意識する
頬杖をつく、足を組むといいた癖がある人は体のバランスが崩れていることが多く、体の歪みのせいで、まっすぐ歩いていても斜めに進んでいることがあります。
体の左右が崩れていると片方だけに大きな負荷がかかり関節を痛めてしまうので、重心をまっすぐに意識しながら歩いてみましょう。

膝関節の痛みや、肘の痛み、手首の痛みはすぐに良くなることは難しく、自分で気をつけていても、さらに痛めてしまったりと、なかなか解消されることはありません。
一人で頑張るよりも、地域密着型の整骨院でみてもらう方が正しい知識も身につき、定期的に体の不調もチェックできます。

小倉南区曽根 整骨院なごみ では、まずは日頃の生活習慣や、お仕事での体の使い方等、丁寧にお聞きしお一人おひとりにあった施術方法をご提案します。
家に帰って出来るストレッチ方法や、日常生活の注意点もアドバイス致しますので初めての方も気兼ねなくお越しください。

関節の痛みの詳しい施術方法

 

 



ページの一番上に戻る